鮮魚店へ行く前に決めておきたいポイント3つ

鮮魚店さんへの印象ってありますか?
新鮮な魚を売っている魚の種類が豊富刺身が美味しそうなど好印象が並びますが、
敷居が高い、注文方法がわからない、値段や営業時間わからない、
など良くない印象の出てくると思います。

実はこの印象、私が鮮魚店さんに思っていた事です。
あくまでも個人的感想ですが。

この良くない印象が、今はすべて無くなった。とは言えないですが改善はされています。
それは鮮魚店さんが改善しているのはもちろんですが、購入者側の意識で変える事も可能です。

今回は鮮魚店さんへ行く前のポイントをご紹介します。

3つのポイントを押さえると忙しいあなたでも、美味しい魚料理が自宅で食べられると思います。

詳しい事は後ほど書きます。ここでストップしてもOKです。

①今なにが食べたいか(食べさせたいか)を決める
→『煮付けが食べたい』や『刺身が食べたい』ぐらいの感じでOKです。
②時間に余裕を持って行く
→料理によって変わりますが5分〜10分ぐらいは下処理に必要です。
 自分で捌くよりは確実に時短になります。
③予算を決める
 基本【現金払い】です。財布と相談して訪問しましょう。

目次

今なにが食べたいか(作って食べたいか)を確認する。

金目鯛の煮付けや鰤の竜田揚げなどの詳しい事は不要です。

確認しておきたいのは『煮付けが食べたい。』『白身のフライが食べたい』『お刺身が食べたい』などの、
大きな枠を決めておきましょう。

当日の仕入れ状況で食べる事が出来ない(購入できない)魚があります。
そんな時はそのまま、お店へお伝えしてください。その日のオススメを教えて頂けます。
今までに食べた事ない魚料理に出会う事が出来るかもしれません。

時間に余裕を持って行く

料理に応じて、下処理して頂けるのが『鮮魚店』さんの良さでもあります。
※出来ない場合(魚種やそもそも下処理不可のお店など)は除きますし、
 スーパーでも最近はして頂く事が可能です。

機械で全自動で下処理を行う事はありません。1匹、1匹、手作業で行います。
時間帯や他のお客様の状況、下処理内容(3枚おろしと刺身では作業時間が変わります。)で、
作業時間は変化します。優しさという意味で時間には余裕を持って行きましょう。
目安は5分〜10分ぐらいです。

予算を決める

支払い方法は現金が主です。お店によってはキャッシュレス可能な所もあります。
そのため、予算は決めて行くとスムーズに購入できます。

『1パックいくら』と書いてない場合もお店の方へお伝えすると予算内で、
購入する事が可能です。

まとめ

実は3つのポイントををまとめて鮮魚店さんへお伝えするだけでも、
今までと違う魚が購入できるかもしれません。

私が最初に思っていた事はこの3つのポイントで解消されています。

こちらを読んで頂けた皆様が、今よりも1歩美味しい魚と出会えるキッカケになれば嬉しいです。

もちろん、鮮魚店さん紹介の記事を見て行くことも第4のポイントです。

ここまでお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次